--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/24

去勢手術が無事に終わりました

昨日(2月23日)、ネオの去勢手術が無事に終わりました。
写真は、病院の待合室で名前を呼ばれるのを待っているネオです。

去勢手術が無事に終わりました

なんだかこの数週間で、大人になった気がしました。
もともと、そんなに鳴くほうではありませんが、今日はさらに落ち着いた様子。
何をされに連れてこられたかなんて知るはずもありませんが、
「なんでもこーい!」と言っているように見えて、妙にたのもしかったです。
私のほうが全然落ち着きがありませんでした・・・。

今回は、ギンの時とは違って、お泊りなしでした。
(ギンが去勢手術をした病院と違うので)
10時に病院について体調をチェックし、なんと、体重が3.55キロありました。
体重が増えていることに喜びを感じました。
そのあと、気になることを獣医さんに話しました。

■舌の中央が黒っぽくなっている。
■首のまわりをやたらと掻く。

舌のほうは、色素の関係で突然色が変わってしまうこともあるとのことで経過観察。
掻くことに関しては、見た目では問題がないそうなのですが、
念のため感染症の検査をしてもらいました。
結果、感染症の疑いはなく、これも経過観察になりました。
その他に、去勢手術前に行う血液検査と、コロナウイルスの抗体価の検査も同時にしました。

ギンのことがあったから、彼と私はFIPにかなり敏感になってしまい、
今回の手術の日にちも、とても悩みました。
ストレスを感じて、ネオまでもがFIPを発症してしまったら・・・と
来る日も来る日も彼とその話ばかりでした。
なので、極力ストレスを与えないようにしたいと病院に相談し、
なるべくスムーズにすすめていただきました。
10時に病院に連れて行き、14時には自宅に帰っていましたからね。
病院の対応の良さに感謝です。

去勢手術が無事に終わりました

自宅に帰ると、疲れているのかグッタリしていました。
今日はずっとこんな感じなんだろうなーと、寝るまでそばにいました。
少し震えることもありましたが、しばらくするとスヤスヤとし始めて、
その顔を見て、あー、家に連れて帰ってきてよかったなーと思いました。
やっぱり、とても不安だったと思います。
それを思うと、せっかく寝たのにギュッとしたりして。

去勢手術が無事に終わりました

今思えば、ギンの時もお泊りではなくて日帰りだったら、
もう少し違う展開になっていたのかもしれません。(もちろん、お泊りでも大丈夫な子はいます)
去勢のタイミングやその時のギンの気持ち。
他にもいろいろなことが重なって、ギンの中でストレスが育っていってしまったんだと、
そんなことを考えてしまいます。
去勢手術から帰ってきた時、あんなに鳴き声が変わっていたのに、
そのサインに気づかないなんて・・・。
私たちが守ってあげなくちゃいけないのに・・・。

ごめんなさい。ギンのことになるとつい興奮してしまって。
話をネオにもどします。
一夜明けて、今は元気に遊んでいます。
彼がプレステでサッカーのゲームをやっているのをジャマしています。
どうやらネオは、12人目のプレイヤーになっているようです。(^^♪
そんなシーンを見ていると、嬉しくてたまりません。

どうかこのまま、元気に育ってくれますように・・・。

昨日の必需品。
ギンのお守り(包帯)と、鎌倉の鶴岡八幡宮で買ったペットのお守りです。

去勢手術が無事に終わりました



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
スポンサーサイト
日々のコト | Comments(19) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。